本文までスキップ

コラム

高い心理的安全性とは?職場での心理的安全性を高める方法を徹底解説!

     

高い心理的安全性とは?職場での心理的安全性を高める方法を徹底解説!
 
心理的安全性は、職場の生産性や創造性を高めるために不可欠な要素となっています。自己表現の恐怖から自由になり、チームの一員として意見やアイデアを自由に共有できる状態を指します。この記事では、心理的安全性の定義とその重要性、職場での現状、そしてその向上方法について詳しく解説していきます。

 

 

目次


 

  1. 心理的安全性とは
  2. 心理的安全性の影響
  3. 職場での心理的安全性の現状
  4. 心理的安全性を高める方
  5. 心理的安全性を維持するための継続的な取り組み
  6. 心理的安全性とその他の重要な要素
  7. まとめ

 

 

心理的安全性とは

心理的安全性とは
 
心理的安全性という概念は、職場の生産性や創造性を高めるための基盤を提供します。それでは、その定義と重要性、3つの要素について見ていきましょう。

 

 

  1. 定義と重要性
  2. 心理的安全性の3つの要素

 

 

定義と重要性

心理的安全性とは、失敗の恐怖や批判から自由であると感じ、自己を表現することができる状態を指します。ここでの安全とは物理的な安全だけでなく、心の安全も含まれます。チームメンバーが自分の意見や考えを恐れずに共有できる環境は、創造性とイノベーションの源となります。そのため、心理的安全性は組織の生産性向上に大いに寄与する要素となるのです。

 

 

心理的安全性の3つの要素

心理的安全性を形成するためには、以下の3つの要素が必要です。

一つ目は、チームメンバー間の相互信頼です。これは、他のメンバーを信頼し、自分自身も信頼されることにより形成されます。

 

二つ目は、明確なコミュニケーションです。これは、誤解を防ぎ、互いの期待を明確にするために必要な要素です。

 

三つ目は、オープンなフィードバックです。これにより、問題や改善点を率直に共有し、組織全体の改善につながります。これらの要素が揃うことで、心理的安全性は保たれ、組織の成功に貢献します。

 

 

風土改革・組織開発をしたい人事部の方へ    


法人研修 共創アカデミー
  
御社に最適な研修やセッションを提供します
「やりっぱなしで終わらせず、成果につなげたい」
「一方的な学びではなく、主体的に学ぶ文化を醸成したい」
「これまでと違う育成アプローチで組織の変革を起こしたい」
「当社の事情に合わせた内容で研修をしてほしい」

\ 詳細はこちらから /

 

 

 

 

心理的安全性の影響

心理的安全性の影響
 
心理的安全性は職場で何をもたらすのでしょうか。職場の生産性、満足度、そしてイノベーションへの影響を見ていきましょう。

 

 

  1. 職場の生産性への影響
  2. 職場の満足度への影響
  3. イノベーションへの影響

 

 

職場の生産性への影響

心理的安全性が高い職場では、メンバーが自分の意見やアイデアを自由に表現できるため、問題解決や意思決定が効率的に進行します。これにより、生産性が向上します。

 

また、心理的安全性が保たれていると、チームメンバーは互いに協力し、役割を果たしやすくなります。これもまた、生産性の向上につながります。

 

 

職場の満足度への影響

心理的安全性は、職場の満足度にも大きな影響を及ぼします。心理的に安全な環境では、従業員は自己表現の恐怖から解放され、より自分らしく働くことができます。これにより、従業員の満足度が高まり、離職率の低下につながります。

 

 

イノベーションへの影響

心理的安全性が高い職場では、従業員は新しいアイデアを提案する際のリスクを恐れず、自由に創造的な思考を展開できます。これは、イノベーションの創出に必要な環境を提供し、組織の競争力を高める要因となります

 

 

職場での心理的安全性の現状

職場での心理的安全性の現状
 
働き手にとって最も大切な要素の一つが、「心理的安全性」であります。これは、失敗を恐れずに自己表現ができ、また新たな試みをおこなう自由が保証された状態を指します。今回はその現状について詳しく見ていきましょう。

 

  1. 調査結果の概観
  2. 問題点と改善の必要性

 

 

調査結果の概観

最近の調査では、職場の心理的安全性の重要性が改めて浮き彫りになっています。一方で、現状の職場における心理的安全性が十分に確保されていないと感じる従業員が少なくないという結果も出ています。これについて詳しく解説していきます。

 

調査では、従業員の多くが「失敗をした時に周囲から非難される」、「新しいアイデアや提案をしにくい」といった問題を抱えています。これは、職場の心理的安全性が不十分であることを示す重要な指標です。組織において心理的安全性が欠けていると、従業員は意見を言いづらくなり、組織全体としての創造性や革新性が失われてしまいます。

 

それでも、一部の組織では心理的安全性が確保されているとの報告もあります。こうした組織では従業員が自己表現を恐れることなく、安心して自分の意見やアイデアを共有できる環境が整っています。これにより、組織全体の生産性やパフォーマンスの向上につながっています。

 

 

問題点と改善の必要性

では、具体的にどのような問題点があり、どのような改善が必要なのでしょうか。ここではそれぞれのポイントについて掘り下げていきます。

 

まず最初に指摘したいのが、組織内でのコミュニケーションの難しさです。従業員が自由に意見を言えない環境では、新たなアイデアや改善提案が抑制され、組織の成長が妨げられます。コミュニケーションの重要性については以前の記事でも触れていますので、ぜひご参照ください。

 

次に、心理的安全性の不足は従業員のモチベーション低下につながります。心理的に安全な環境が確保されていないと、従業員は自己表現を恐れ、職場でのストレスが増加します。これが結果として職場離職の原因となることもあります。この問題については、エンゲージメントの向上と密接に関連しています。

 

これらの問題を解決するためには、組織全体で心理的安全性の確保に取り組むことが必要です。具体的には、失敗を許容する文化の醸成、意見を自由に述べる機会の提供、フィードバックの受け入れといった取り組みが求められます。心理的安全性の向上については、こちらの記事でも詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。

 

 

心理的安全性を高める方法

心理的安全性を高める方法
 
心理的安全性を高めることで、職場の効率性、創造性、満足度が向上します。しかし、心理的安全性を実現するためには、組織全体の取り組み、リーダーの役割、そして個々の行動変革が求められます。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

 

  1. 組織全体の取り組み
  2. リーダーの役割
  3. 個々の行動変革

 

 

組織全体の取り組み

まず始めに、組織全体として心理的安全性を重視することが重要です。それは、社内のコミュニケーションのあり方を見直し、個々の声が尊重され、チーム全体が成長する環境を整備することに他なりません。組織全体として取り組むためには、チームビルディングを効果的に進行し、共有の目標や価値観を明確にすることが必要です。

 

また、心理的安全性を高めるためには、組織文化を改善するための明確なガイドラインの設定が求められます。それは、心理的に安全な環境で働くための行動規範や倫理規定を設けることに繋がります。組織としては、それらのガイドラインを共有し、適用し、遵守するための教育やトレーニングを提供することが求められます。

 

さらに、組織全体での心理的安全性を実現するためには、社内研修が有効です。研修を通じて、心理的に安全な職場環境をつくるための意識や行動を育むことができます。

 

 

リーダーの役割

次に、リーダーの役割についてです。リーダーは、心理的安全性の確保において非常に重要な立場を担っています。リーダーの行動や態度は、チームメンバーの行動や態度に大きな影響を及ぼしますからです。そのため、リーダーはチームメンバーに対して、自身の考えを自由に表現することを奨励し、全員が等しく価値ある意見を持つことを理解させる必要があります。

 

また、リーダーはリーダーシップスキルを駆使して、心理的安全性を損なう可能性のある問題に対処する能力も必要とされます。これには、コンフリクトマネジメントや対人スキルが含まれます。それらのスキルを用いて、リーダーはチームの課題を解決し、メンバー間の信頼関係を維持する役割を果たすのです。

 

リーダーのもう一つの重要な役割は、心理的安全性を持続的に評価し、改善することです。これには1on1のミーティングやフィードバックの収集など、チームメンバーとの密接なコミュニケーションが求められます。

 

 

個々の行動変革

最後に、個々の行動変革についてです。心理的安全性は組織全体やリーダーだけの問題ではありません。個々のメンバーが自己表現を恐れず、自分の考えを自由に述べることができる環境を作り出すことが、心理的安全性を高める上で不可欠です。

 

具体的には、アサーション(自己主張)の技術を身につけることで、自己表現を向上させることができます。また、他人の意見を尊重し、オープンマインドで聞くことも重要です。これには、コミュニケーションスキルが必要となります。

 

 

心理的安全性を維持するための継続的な取り組み

心理的安全性を維持するための継続的な取り組み
 
現代の職場において、心理的安全性の維持は従業員の幸福感生産性の向上のために不可欠です。心理的安全性を確立するには、定期的なフィードバック、効果的な問題解決、そして継続的な学習と成長が欠かせません。これらの要素が組織内の信頼を構築し、更なる成果を導き出すキーとなります。

 

 

  1. 定期的なフィードバック
  2. 問題解決のプロセス
  3. 継続的な学習と成長

 

 

定期的なフィードバック

フィードバックは、従業員の成長と向上のための基盤です。定期的なフィードバックは、従業員が自らの強みや改善点を理解する手助けとなります。また、1on1のセッションなどを通じて、上司と部下が直接コミュニケーションをとることで、互いの期待や懸念を共有し合うことができます。このようなフィードバックの環境は、心理的安全性を高め、よりオープンな意見交換を促進します。

 

 

問題解決のプロセス

問題や困難が生じた際、その原因を突き止め、解決のための策を練ることは必須です。有効なワークショップを通じて、チーム全員で問題を共有し、対策を考え出すことで、心理的安全性の中での協力的な問題解決が可能になります。

 
このプロセスにおいて、ファシリテーターの役割は非常に重要で、彼らの専門的なスキルが、効果的な解決策を見つけ出す手助けとなります。

 

 

継続的な学習と成長

組織の継続的な成長のためには、個々の従業員の学習と成長が欠かせません。リスキリングの重要性を理解し、新しいスキルや知識を獲得することで、職場の変化や新しい課題にも柔軟に対応することが可能となります。また、このような学習の機会は、従業員のモチベーション向上にも寄与します。

 

 

心理的安全性とその他の重要な要素

心理的安全性とその他の重要な要素
 
心理的安全性は職場の幸福感や生産性を高める要素の一つであり、その他にもダイバーシティやウェルビーイングなど、多くの要素が関連しています。

 

 

  1. ダイバーシティとインクルージョン
  2. 職場のウェルビーイング

 

 

ダイバーシティとインクルージョン

ダイバーシティとインクルージョンは、組織の持続的な成長やイノベーションを支える基盤です。多様なバックグラウンドや視点を持つ従業員が協力し合うことで、新しいアイディアやソリューションが生まれます。

 

コミュニケーションの重要性を理解し、異なるバックグラウンドを持つ人々との円滑なコミュニケーションを維持することが、インクルージョンの実現に繋がります。

 

 

職場のウェルビーイング

従業員のウェルビーイングは、生産性や従業員の長期的な在籍をサポートする要因として非常に重要です。企業のウェルビーイングの例を参照することで、具体的な取り組みやその効果を理解することができます。健康な生活習慣や心の健康をサポートする施策は、従業員の満足度向上にも寄与します。

 

 

まとめ

まとめ
 
心理的安全性、ダイバーシティとインクルージョン、そして職場のウェルビーイングは、企業が生産性を向上させ、労働者の満足度を高め、長期的に持続可能な組織を構築するための重要な要素です。

 

これらの要素に投資することは、労働者のエンゲージメントと満足度を高め、結果的には企業の競争力を向上させます。企業がこれらの要素をどのように取り入れ、推進していくかによって、その企業の成長と成功が左右されるでしょう。

 

 

また、弊社共創アカデミーでは、組織パフォーマンス向上のための実践形式の法人研修を行っております。大企業や中小企業、行政等における風土改革・組織開発の豊富な経験から、実際に現場で効果を出した取り組みを豊富にご紹介します。ぜひお気軽にお問合せください!
 

風土改革・組織開発をしたい人事部の方へ    


法人研修 共創アカデミー
  
御社に最適な研修やセッションを提供します
「やりっぱなしで終わらせず、成果につなげたい」
「一方的な学びではなく、主体的に学ぶ文化を醸成したい」
「これまでと違う育成アプローチで組織の変革を起こしたい」
「当社の事情に合わせた内容で研修をしてほしい」

\ 詳細はこちらから /

 

 

 

 

ファシリテーション塾

弊社では、集団でコンセンサスを取るのに必須となるファシリテーションスキルを効果的に高められる「ファシリテーション塾」を開催しております。
会議や商談など、「場を作って対話をする」場面で活用することで参加者同士の関係の質が向上し共に見たい未来の共創ができるスキルを体系的実践的に学ぶことができます。
 
ビジネスパーソンの方だけではなく、お寺の住職さんや芸人さん、ミュージシャンなど、いろいろな業種の方、のべ300人以上の方にご参加いただいております。ファシリテーションスキルを高めるだけではなく、多様な方との出会いもお楽しみいただけます。
 
ぜひお気軽にお申し込みください!
 

ファシリテーションスキルを高めたい方へ    


 
こんな方にオススメ

「ファシリテーションを実践的に学び自分のビジネスや人生に役立てたい」

「転換期の時代に必要なリーダーシップを身に着けたい」

「学び続けながら、生涯相談し合える豊かな仲間が欲しい」

「豊かな人間関係に恵まれながら、より主体的に自分の人生を生きたい」

「普段仕事で接する人だけではなく、多様な職種、年齢の方とも学びたい」

 
\ 詳細はこちらから /

 

 

CONTACT

お気軽にご相談ください

フォームからお問い合わせ