本文までスキップ

コラム

アサーティブコミュニケーションとは?メリット・練習方法を徹底解説!

     

アサーティブコミュニケーションとは?メリット・練習方法を徹底解説!コミュニケーションは人間関係を形成する上で欠かせない要素です。しかし、誤ったコミュニケーションスタイルは相手との関係を悪化させる原因となります。

 

アサーティブコミュニケーションは自己主張をする上で適切なスタイルであり、相手の権利や感情を侵害せずとも、自分自身の権利や感情を尊重することができるコミュニケーションです。

 

本記事では、アサーティブコミュニケーションの基礎、実践方法、メリットや練習方法、心理的要因、アサーティブコミュニケーションに関連するトピックスなどについて解説します。

 

参考記事▶︎▶︎▶︎【社会で必要なコミュニケーション能力とは?】求められるスキルと上達法まで完全解説!

 

目次


 

  1. アサーティブコミュニケーションの基礎
  2. アサーティブコミュニケーションを実践するための基本的な方法
  3. アサーティブコミュニケーションのメリットとデメリット
  4. アサーティブコミュニケーションの練習方法
  5. アサーティブコミュニケーションを実践する上での心理的要因
  6. アサーティブコミュニケーションに関連するトピックス
  7. まとめ

 

無料セミナー開催中!    


 
弊社共創アカデミーでは、無料の公開セミナーを毎月開催しております。
パワハラに思われない部下との関わり方や、組織間のジェネレーションギャップの乗り越え方など、
実践で役立つスキルを月替わりでご紹介
 

\ お申し込みはこちらから /

 

 

アサーティブコミュニケーションの基礎

アサーティブコミュニケーションの基礎

アサーティブコミュニケーションとは、そもそも何なのでしょうか?この章では、アサーティブコミュニケーションの定義と意義、他のコミュニケーションスタイルとの比較をご紹介します。

 

  1. アサーティブコミュニケーションの定義と意義
  2. アサーティブコミュニケーションと他のコミュニケーションスタイルとの比較

 

 

アサーティブコミュニケーションの定義と意義

アサーティブコミュニケーションとは、自分自身の権利や感情を尊重し、かつ相手の権利や感情を侵害しない、健全で効果的なコミュニケーションのスタイルです。アサーティブなコミュニケーションをすることで、自分自身を尊重し、相手とのコミュニケーションを円滑に進めることができます。

 

アサーティブコミュニケーションと他のコミュニケーションスタイルとの比較

アサーティブコミュニケーションは、自分の意見や感情をはっきりと伝え、相手との信頼関係を築くことができるコミュニケーションスタイルです。他のコミュニケーションスタイルと比較して、以下のような特徴があります。

 

アグレッシブコミュニケーション

アグレッシブコミュニケーションは、相手を攻撃するような言動をとることが特徴です。自分の意見を押し付けるような態度をとり、相手に対して不快感を与えることがあります。一方で、アサーティブコミュニケーションは自分自身の意見や感情をはっきりと表現することで、相手との信頼関係を築きながら、建設的なコミュニケーションを行います。

 

パッシブコミュニケーション

パッシブコミュニケーションは、自分自身の意見や感情を表現せず、相手の要望に従ってしまう傾向があります。自分自身の意見を伝えないことで、相手との間に誤解や不信感を生むことがあります。アサーティブコミュニケーションは自分自身の意見をはっきりと表現することで、相手とのコミュニケーションを改善し、自己主張することができます。

 

パッシブアグレッシブコミュニケーション

パッシブアグレッシブコミュニケーションは、相手に対して間接的に攻撃するような言動をとることが特徴です。例えば、嘘をついたり、噂話を広めたりすることがあります。アサーティブコミュニケーションは、相手に対して直接的に攻撃することなく、自分自身の意見や感情を表現することができます。

 

 

風土改革・組織開発をしたい人事部の方へ    


法人研修 共創アカデミー
  
御社に最適な研修やセッションを提供します
「やりっぱなしで終わらせず、成果につなげたい」
「一方的な学びではなく、主体的に学ぶ文化を醸成したい」
「これまでと違う育成アプローチで組織の変革を起こしたい」
「当社の事情に合わせた内容で研修をしてほしい」

\ 詳細はこちらから /

 

 

 

 

アサーティブコミュニケーションを実践するための基本的な方法

アサーティブコミュニケーションを実践するための基本的な方法

この章では、アサーティブコミュニケーションを実践するために効果的なコツについてご紹介します。

 

  1. アイメッセージを使う
  2. 傾聴する
  3. ポジティブな言葉遣いを心掛ける

 

 

アイメッセージを使う

アイメッセージとは、自分の感情や考えを伝えるときに、「私は〜だと感じます」といったように、自分自身の視点や感情を表現するコミュニケーションスタイルのことです。相手に攻撃的な印象を与えることなく、自分自身の意見や感情を伝えることができます。

 

アイメッセージを使用することで、相手とのコミュニケーションをスムーズに進めることができ、相手との信頼関係を築くことができます。

 

アイメッセージには、以下のような特徴があります。

 

自分自身の感情や考えを伝える

アイメッセージは、自分自身がどのように感じているかを伝えることが目的です。相手に直接的に攻撃するのではなく、自分自身の視点を表現することで、より建設的なコミュニケーションを築くことができます。

 

相手を攻撃しない

アイメッセージは、相手を攻撃することなく、自分自身の感情や考えを伝えることができます。相手が自分の意見に同意しなくても、感情的になることなく、冷静に対応することができます。

 

相手にリスペクトを示す

アイメッセージは、自分自身の意見や感情を伝えることで相手とのコミュニケーションを改善することを目的としています。自分自身の視点を表現することで、相手に自分自身の感情や考えをリスペクトすることができます。

 

 

傾聴する

傾聴とは、相手の話を注意深く聞き、理解するためのコミュニケーションスキルのことです。アクティブリスニングをすることで、相手とのコミュニケーションを円滑に進めることができます。傾聴するためには、以下のようなことを心がけましょう。

 

  • 相手の話を途中で遮らずに、最後まで聞く
  • 相手の話に対して、相づちや要約を交えて返答する
  • 相手の話に対して、自分自身の意見や感情を優先するのではなく、相手の意見や感情を理解しようとする

 

 

ポジティブな言葉遣いを心掛ける

アサーティブコミュニケーションをする上で、ポジティブな言葉遣いを心掛けることが大切です。例えば、「私は、あなたの提案に賛成です」という表現は、相手に好印象を与える一方で、「私は、あなたの提案に反対しません」という表現は、相手に不快感を与える可能性があります。ポジティブな言葉遣いを心掛けることで、相手とのコミュニケーションを円滑に進めることができます。

 

 

 

 

アサーティブコミュニケーションのメリットとデメリット

アサーティブコミュニケーションのメリットとデメリット

アサーティブコミュニケーションは、自分の意見や感情をはっきりと伝え、相手との信頼関係を築くことができるコミュニケーションスタイルです。しかし、アサーティブコミュニケーションにはメリットだけでなく、デメリットも存在します。以下では、アサーティブコミュニケーションのメリットとデメリットについて解説します。

 

  1. アサーティブコミュニケーションのメリット
  2. アサーティブコミュニケーションのデメリット

 

 

アサーティブコミュニケーションのメリット

アサーティブコミュニケーションには、以下のようなメリットがあります。

 

  • 相手とのコミュニケーションが円滑に進む
  • 自分自身の権利や感情を尊重することができる
  • 相手に自分自身の意見や感情を正確に伝えることができる
  • ストレス軽減や自己肯定感の向上につながる

 

 

アサーティブコミュニケーションのデメリット

アサーティブコミュニケーションには、以下のようなデメリットがあります。

 

  • 相手に対して自己中心的な印象を与える可能性がある
  • 相手に対して攻撃的な印象を与える可能性がある
  • すべての状況に適しているわけではない

 

 

 

 

アサーティブコミュニケーションの練習方法

アサーティブコミュニケーションの練習方法

アサーティブコミュニケーションは日常生活の中でも鍛えることができます。そんなアサーティブコミュニケーションの練習方法についてご紹介します。

 

  1. アサーティブコミュニケーションのシミュレーション練習
  2. 日常生活でのアサーティブコミュニケーションの練習

 

 

アサーティブコミュニケーションのシミュレーション練習

アサーティブコミュニケーションを練習するためには、シミュレーション練習が有効です。以下の手順で練習してみましょう。

 

相手を用意する

最初に、アサーティブコミュニケーションのシミュレーションをするための相手を用意します。この相手は、友人や家族など、信頼できる人であることが望ましいです。

 

シナリオを考える

次に、どのようなシナリオでアサーティブコミュニケーションを行うかを考えます。例えば、自分の意見が異なることで対立してしまった場合や、相手の発言が自分の感情を傷つけた場合など、日常生活で起こり得る場面を想定してください。

 

ロールプレイを行う

シナリオを決めたら、実際にロールプレイを行います。まず、相手に自分がどのような立場であり、どのような気持ちであるかを説明します。その後、自分の意見や感情をはっきりと伝えるようにします。相手からの反応に対しても、アサーティブなコミュニケーションを続けることが重要です。

 

フィードバックを受け取る

ロールプレイが終わったら、相手からフィードバックを受け取りましょう。相手の視点から自分のコミュニケーションの方法や表現の仕方を振り返り、改善点を把握しましょう。

 

繰り返す

練習は繰り返すことで上達します。複数のシナリオを用意し、相手を変えて練習を重ねていきましょう。

 

 

日常生活でのアサーティブコミュニケーションの練習

日常生活でも、アサーティブコミュニケーションを練習することができます。例えば、以下のような場面でアサーティブコミュニケーションを実践することができます。

 

  • レストランでの注文時に、自分が本当に食べたいメニューを注文するとき
  • 友人との約束の時間に遅れ、自分が遅れた理由を相手に伝えるとき
  • 上司から与えられたタスクについて、自分の意見や提案を述べるとき

 

 

 

 

アサーティブコミュニケーションを実践する上での心理的要因

アサーティブコミュニケーションを実践する上での心理的要因

アサーティブコミュニケーションを実践する上で重要な心理的要因についてご紹介します。具体的には、自己肯定感の向上、恐怖心の克服、相手の意見や感情に対する共感が挙げられます。

 

  1. 自己肯定感の向上
  2. 恐怖心の克服
  3. 相手の意見や感情に対する共感

 

 

自己肯定感の向上

自己肯定感が低いと、アサーティブコミュニケーションを実践することが難しくなる場合があります。自己肯定感を向上させるためには、自分自身の強みや価値を見つけることが重要です。

 

 

恐怖心の克服

アサーティブコミュニケーションを実践する上で、恐怖心を克服することが大切です。恐怖心を克服するためには、自己肯定感を向上させることや、アサーティブコミュニケーションを練習することが有効です。

 

 

相手の意見や感情に対する共感

アサーティブコミュニケーションを実践する上で、相手の意見や感情に対して共感することが大切です。相手の意見や感情に対して共感することで、相手との信頼関係を築くことができます。

 

 

 

 

アサーティブコミュニケーションに関連するトピックス

アサーティブコミュニケーションに関連するトピックス

アサーティブコミュニケーションとストレス管理、アサーティブコミュニケーションと職場での人間関係についてご紹介します。

 

  1. アサーティブコミュニケーションとストレス管理
  2. アサーティブコミュニケーションと職場での人間関係

 

 

アサーティブコミュニケーションとストレス管理

アサーティブコミュニケーションを実践することで、ストレスを軽減することができます。アサーティブコミュニケーションを実践することで、自分自身の権利や感情を尊重し、ストレスを抱えることが少なくなります。

 

 

アサーティブコミュニケーションと職場での人間関係

アサーティブコミュニケーションを実践することで、職場での人間関係を改善することができます。アサーティブコミュニケーションを実践することで、自分自身の権利や感情を尊重しながら、相手とのコミュニケーションを円滑に進めることができます。

 

 

 

 

まとめ

まとめ

アサーティブコミュニケーションは、自分自身の権利や感情を尊重しながら、相手とのコミュニケーションを円滑に進めるためのコミュニケーションスキルです。アサーティブコミュニケーションを実践することで、相手との信頼関係を築き、ストレス軽減や自己肯定感の向上につながることが期待できます。

 

アサーティブコミュニケーションを実践するためには、自己主張の仕方や傾聴の方法を学ぶことが重要です。また、シミュレーション練習や日常生活での練習などを通じて、アサーティブコミュニケーションを習慣化することが大切です。

 

アサーティブコミュニケーションには、自己中心的な印象を与える可能性や、すべての状況に適しているわけではないというデメリットもあります。しかし、アサーティブコミュニケーションを実践することで、自分自身の権利や感情を尊重しながら、相手とのコミュニケーションを円滑に進めることができます。

 

アサーティブコミュニケーションは、個人的な関係だけでなく、職場やビジネスにおいても重要なスキルです。アサーティブコミュニケーションを実践することで、職場での人間関係を改善することができます。この記事を参考にして、人間関係の改善を目指してみてください。

 
 

また、弊社共創アカデミーでは、組織パフォーマンス向上のための実践形式の法人研修を行っております。大企業や中小企業、行政等における風土改革・組織開発の豊富な経験から、実際に現場で効果を出した取り組みを豊富にご紹介します。ぜひお気軽にお問合せください!
 

風土改革・組織開発をしたい人事部の方へ    


法人研修 共創アカデミー
  
御社に最適な研修やセッションを提供します
「やりっぱなしで終わらせず、成果につなげたい」
「一方的な学びではなく、主体的に学ぶ文化を醸成したい」
「これまでと違う育成アプローチで組織の変革を起こしたい」
「当社の事情に合わせた内容で研修をしてほしい」

\ 詳細はこちらから /

 

 

 

 

ファシリテーション塾

弊社では、集団でコンセンサスを取るのに必須となるファシリテーションスキルを効果的に高められる「ファシリテーション塾」を開催しております。
会議や商談など、「場を作って対話をする」場面で活用することで参加者同士の関係の質が向上し共に見たい未来の共創ができるスキルを体系的実践的に学ぶことができます。
 
ビジネスパーソンの方だけではなく、お寺の住職さんや芸人さん、ミュージシャンなど、いろいろな業種の方、のべ300人以上の方にご参加いただいております。ファシリテーションスキルを高めるだけではなく、多様な方との出会いもお楽しみいただけます。
 
ぜひお気軽にお申し込みください!
 

ファシリテーションスキルを高めたい方へ    


 
こんな方にオススメ

「ファシリテーションを実践的に学び自分のビジネスや人生に役立てたい」

「転換期の時代に必要なリーダーシップを身に着けたい」

「学び続けながら、生涯相談し合える豊かな仲間が欲しい」

「豊かな人間関係に恵まれながら、より主体的に自分の人生を生きたい」

「普段仕事で接する人だけではなく、多様な職種、年齢の方とも学びたい」

 
\ 詳細はこちらから /

CONTACT

お気軽にご相談ください

フォームからお問い合わせ