本文までスキップ

コラム

1on1ミーティングとは?目的、効果、メリットの解説と事例で学ぶ人事の最良の手法!

     

1on1ミーティングとは?目的、効果、メリットの解説と事例で学ぶ人事の最良の手法!
 
今日は一対一の会議、1on1について詳しくご紹介します。1on1とは、直属の上司と部下が直接対話を行う非常にパーソナライズされた形式の会議です。これは業務のパフォーマンス改善、コミュニケーションの強化、職員のモチベーション向上などの目的を達成するために役立つ強力なツールです。この記事では、1on1の基本的な目的、具体的な目的例、効果的な進め方、注意点と課題について分かりやすく解説します。

 

 

目次


 

  1. 1on1の基本的な目的
  2. 具体的な1on1の目的例
  3. 1on1の効果的な進め方
  4. 1on1の注意点と課題
  5. 1on1でのフィードバックの具体的な方法
  6. 1on1でのキャリアディスカッション
  7. まとめ

 

 

1on1の基本的な目的

1on1の基本的な目的
 
1on1の会議は、多くの場合、三つの主要な目的を持っています。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

 

  1. コミュニケーションの強化
  2. パフォーマンスの改善
  3. 職員のモチベーション向上

 

 

コミュニケーションの強化

まず一つ目、1on1は**コミュニケーションの強化**を目指します。こちらで触れられているように、効果的なコミュニケーションは仕事の成果を大いに向上させる重要な要素です。1on1は、直属の上司と部下が深い信頼関係を築く場であり、具体的な業務や課題についての深い対話を可能にします。これにより、相互理解が深まり、コミュニケーションの質が向上します。

 

 

パフォーマンスの改善

二つ目は、パフォーマンスの改善です。1on1はパフォーマンスの改善に対する具体的な道筋を描く場でもあります。それはフィードバックの提供、スキルの強化、または新たな課題への取り組み方の探求など、形は様々です。上司と部下が共にパフォーマンスの改善を目指すことで、部下の成長とともに組織全体の成果も向上します。

 

 

職員のモチベーション向上

最後に、職員のモチベーション向上です。1on1は部下が自分自身の仕事に対する価値を感じ、自分のキャリアに対する意欲を高める機会となります。これにより、部下はより積極的に業務に取り組むようになり、職場のモチベーションが向上します。具体的な方法としては、上司が部下の達成目標やキャリア計画を理解し、それを支援することが求められます。

 

 

チームの業績を上げたいリーダーの方必見。   


率直な意見交換ができる環境をつくれていない
メンバーのモチベーションが低下している
個人プレイが多く、チームとして機能していない
 
チーム育成にまで手が回らず、上記の課題をお持ちのリーダーの方はお気軽にご相談ください。
 
貴社の課題にあわせた研修・ワークショップの事例をご紹介いたします。
 

 

 

具体的な1on1の目的例

具体的な1on1の目的例
 
1on1の基本的な目的を理解したところで、それを具現化する具体的な目的例を見ていきましょう。

 

 

  1. フィードバックと評価
  2. 個人のキャリア計画の確認
  3. 問題解決と向上提案

 

 

フィードバックと評価

まず一つ目として、**フィードバックと評価**です。1on1の場では、上司が部下の業績や業務遂行能力について具体的かつ具体的なフィードバックを提供することが可能となります。これにより、部下は自分の強みや改善点を明確に認識することができ、これがパフォーマンス向上に繋がります。また、こちらに記載されているように、上司がフィードバックを正しく伝えることも重要です。

 

 

個人のキャリア計画の確認

次に、個人のキャリア計画の確認です。1on1は部下のキャリアパスを理解し、そのためのスキルや経験を蓄積するための支援を行う絶好の機会となります。これにより、部下は自分のキャリアを形成するための具体的な目標を立て、それに向けて努力する動機づけを得ることができます。上司としては、部下のキャリアの方向性を理解し、それに対する具体的な支援策を提案することが重要となります。

 

 

問題解決と向上提案

最後に、問題解決と向上提案です。1on1の場では、部下が業務で直面している問題を共有し、上司とともに解決策を探ることが可能となります。また、これは部下が自分のアイデアや提案を安心して発信できる場でもあります。これらは組織の改善や進化に対する重要なステップであり、上司と部下が共に問題を解決し、向上策を見つけることが求められます。

 

 

1on1の効果的な進め方

1on1の効果的な進め方
 
1on1の目的を理解し、具体的な目的例を見てきました。次に、1on1を効果的に進めるためのポイントをいくつか紹介します。

 

 

  1. 定期的に開催する
  2. 具体的な議題を設定する
  3. オープンなコミュニケーションを目指す

 

 

定期的に開催する

1on1は定期的に開催されるべきです。週に一度や二週間に一度など、それぞれの組織や状況に応じて最適な頻度を見つけることが重要です。定期的に行うことで、継続的なフィードバックやコミュニケーションが可能となり、部下のパフォーマンス改善やモチベーション向上につながります。

 

 

具体的な議題を設定する

1on1の会議では、具体的な議題を事前に設定し、それに基づいて会議を進めることが重要です。これにより、話し合いが具体的かつ生産的になります。議題は、フィードバックの提供、パフォーマンスの評価、問題解決の提案など、その時々の状況に応じて変わるでしょう。

 

 

オープンなコミュニケーションを促す

1on1はオープンなコミュニケーションを促す場であるべきです。上司としては、部下が自分の意見や懸念、アイデアを自由に表現できる環境を作り出すことが求められます。また、部下も自分の考えや意見を正直に伝えることで、互いの理解を深め、より良い関係性を築くことができます。

 

 

1on1の注意点と課題

1on1の注意点と課題
 
効果的な1on1を行うためには、いくつかの注意点と課題が存在します。それらを理解し、適切に対応することで、1on1の価値を最大限に引き出すことができます。

 

 

  1. 準備不足
  2. 双方向のコミュニケーション不足
  3. 継続性の欠如

 

 

準備不足

最も一般的な問題の一つが準備不足です。適切な議題を事前に設定し、それに基づいて必要な情報やデータを準備することが重要です。また、具体的なフィードバックや提案を行うためには、部下の業績や課題について十分に理解しておく必要があります。

 

 

双方向のコミュニケーションの不足

次に、双方向のコミュニケーションの不足です。1on1は上司が部下に指示を出す場ではなく、双方が意見を共有し、理解を深めるための場です。上司も部下も、自分の意見や視点を述べ、それを受け入れる姿勢が求められます。

 

 

継続性の欠如

また、継続性の欠如も1on1の効果を損なう重要な問題です。1on1は一回限りのイベントではなく、継続的に行われるべきです。定期的に開催することで、フィードバックの提供、目標の設定と評価、問題の解決と改善など、多くの要素が一貫して行われ、部下の成長と組織の進歩が促進されます。

 

以上、1on1についての概観、具体的な目的、効果的な進め方、そして注意点と課題について詳しく見てきました。1on1は、直属の上司と部下が深い信頼関係を築くための重要なツールであり、組織の成長と部下のパフォーマンス向上を促進する強力な手段です。上手に活用することで、より生産的で充実した職場環境を創り出すことが可能となります。

 

 

1on1でのフィードバックの具体的な方法

1on1でのフィードバックの具体的な方法
 
1on1の最大のメリットの一つは、上司が部下に対して直接、具体的なフィードバックを提供できる点です。フィードバックは、部下のパフォーマンスを改善し、彼らのスキルを磨き、職務満足度を高めるための重要なツールです。以下に、1on1でのフィードバックの具体的な方法をいくつか紹介します。

 

 

  1. 具体的かつ詳細なフィードバックを提供する
  2. フィードバックはバランス良く
  3. 具体的な行動提案を行う

 

 

具体的かつ詳細なフィードバックを提供する

抽象的なフィードバックは理解しにくく、行動に移すのが難しいため、具体的かつ詳細なフィードバックを提供することが重要です。例えば、「もっと頑張ってください」ではなく、「プロジェクトAでの提案は素晴らしかったですが、プレゼンテーションの時にはデータの説明をもう少し詳しくすると良いと思います」のように具体的に提供すると良いでしょう。

 

 

フィードバックはバランス良く

フィードバックは常にネガティブなものだけでなく、ポジティブな部分も強調することが重要です。これにより、部下は自分の強みを認識し、自信を持つことができます。また、ポジティブなフィードバックが先に来ることで、ネガティブなフィードバックも受け入れやすくなります。

 

 

具体的な行動提案を行う

部下がフィードバックを元に行動に移すためには、具体的な行動提案が必要です。「このスキルを向上させてください」ではなく、「次回のプレゼンテーションでは、事前にデータの解説を準備し、それを元に説明してみてください」のように具体的な行動を提案すると良いでしょう。

 

 

1on1でのキャリアディスカッション

1on1でのキャリアディスカッション
 
1on1の場でのキャリアディスカッションは、部下のキャリア成長をサポートし、長期的な満足度とエンゲージメントを高めるのに非常に有効です。以下に、1on1でのキャリアディスカッションを進めるためのポイントを紹介します。

 

 

  1. 部下のキャリア目標を理解する
  2. キャリア目標に向けた支援策を提案する
  3. 定期的にディスカッションを行う

 

 

部下のキャリア目標を理解する

まずは部下のキャリア目標を理解することが重要です。そのためには、部下に直接その目標について尋ねることが最も有効です。この時、具体的な職種や役職だけでなく、部下が何を達成したいと考えているのか、どのようなスキルを磨きたいのか、どのような働き方を希望しているのかについても聞くと良いでしょう。

 

 

キャリア目標に向けた支援策を提案する

部下のキャリア目標を理解した上で、その目標に向けた具体的な支援策を提案します。それは新しいプロジェクトへの参加、追加のトレーニングや教育、メンターシップなど、部下が必要とするリソースや機会を提供することが含まれます。

 

定期的にキャリアディスカッションを行う

キャリア目標は時間と共に変化するため、定期的にキャリアディスカッションを行うことが重要です。これにより、部下の現在の目標とニーズを常に理解し、適切な支援を提供することができます。

 

 

まとめ

まとめ
 
1on1は、上司と部下がお互いの理解を深め、信頼関係を築くための重要なツールです。定期的に開催し、具体的な議題を設定してオープンなコミュニケーションを行うことで、フィードバックの提供や問題の解決、キャリアディスカッションなど、部下の成長と組織の進歩を促進します。ただし、準備不足や双方向のコミュニケーションの不足、継続性の欠如など、1on1を効果的に行うための課題も存在します。
上司としては、具体的かつ詳細なフィードバックを提供し、バランス良くポジティブなフィードバックも強調することが求められます。また、具体的な行動提案を行い、部下のキャリア目標に対する理解と支援を行うことも重要です。

 
弊社では、ファシリテーションスキルを効果的に高められる「ファシリテーション塾」を開催しております。
会議や商談など、「場を作って対話をする」場面で活用することができるスキルを実践的に学ぶことができます。
 
ビジネスパーソンの方だけではなく、お寺の住職さんや芸人さん、ミュージシャンなど、いろいろな業種の方、のべ300人以上の方にご参加いただいております。ファシリテーションスキルを高めるだけではなく、多様な方との出会いもお楽しみいただけます。
 
ぜひお気軽にお申し込みください!
 

ファシリテーションスキルを高めたい方へ    


 
こんな方にオススメ

「ファシリテーションを実践的に学び自分のビジネスや人生に役立てたい」

「転換期の時代に必要なリーダーシップを身に着けたい」

「学び続けながら、生涯相談し合える豊かな仲間が欲しい」

「豊かな人間関係に恵まれながら、より主体的に自分の人生を生きたい」

「普段仕事で接する人だけではなく、多様な職種、年齢の方とも学びたい」

 
\ お申し込みはこちらから /

CONTACT

お気軽にご相談ください

フォームからお問い合わせ