本文までスキップ

コラム

注目のパーパス経営とは? 企業の意味あるブランディングへの道を事例と共に徹底解説!

     

注目のパーパス経営とは? 企業の意味あるブランディングへの道を事例と共に徹底解説!
 
企業経営において、組織の存在理由を明確に示す「パーパス経営」が近年注目を浴びています。しかし、「パーパス経営って何?」という方も多いでしょう。そこで今回は、パーパス経営の概念やメリット、具体的な導入方法などを詳しくご紹介します。一緒に、組織の価値を高め、持続可能な成長を達成するための手法を探求しましょう。

 

 

目次


 

  1. パーパス経営の概念
  2. パーパス経営を導入するメリット
  3. パーパス経営の導入方法
  4. パーパス経営を成功させるための要素
  5. パーパス経営の事例紹介
  6. パーパス経営の課題と解決策
  7. まとめ

 

 

パーパス経営の概念

パーパス経営の概念
 
パーパス経営とは、どのような概念なのでしょうか。その起源と発展、パーパスとミッション、ビジョンとの違いについて、詳しく解説します。

 

 

  1. パーパス経営の起源と発展
  2. パーパスとミッション、ビジョンの違い

 

 

パーパス経営の起源と発展

パーパス経営の起源は、企業が単なる利益追求の組織ではなく、社会の一部として価値を提供する存在であるという考え方に端を発します。この視点は、企業が社会に対して責任を果たすためのCSR(企業の社会的責任)やCSV(共有価値創造)の流れから発展し、現在のパーパス経営へと繋がっています。

 

パーパス経営は、企業が存在する意味、すなわちその組織が何のために活動をしているのかを明確にするものです。これにより、企業が提供する価値が社会との共有価値となり、企業の活動が持続可能性を備えたものとなるのです。

 

これらの観点から見ると、パーパス経営は企業の長期的な成功と社会への貢献を両立する手法といえます。利益追求だけでなく、より大きな目的に向かって努力することで、企業は持続的な成長と社会貢献を実現できるのです。

 

パーパスとミッション、ビジョンの違い

パーパスとミッション、ビジョンはよく混同されがちですが、それぞれ異なる概念です。ここで、それぞれの違いを明確にしましょう。

 

パーパスは、企業が存在する根本的な理由や目的を示します。それに対して、ビジョンはミッションは企業が達成しようとする具体的な目標や役割、企業が目指す未来の姿や理想を示します。

 

パーパス、ミッション、ビジョンはそれぞれ異なる役割を果たしながら、企業の目指す方向性を明確にし、組織全体を一つの方向へと導くための指針となります。

 

 

風土改革・組織開発をしたい人事部の方へ    


法人研修 共創アカデミー
  
御社に最適な研修やセッションを提供します
「やりっぱなしで終わらせず、成果につなげたい」
「一方的な学びではなく、主体的に学ぶ文化を醸成したい」
「これまでと違う育成アプローチで組織の変革を起こしたい」
「当社の事情に合わせた内容で研修をしてほしい」

\ 詳細はこちらから /

 

 

 

 

パーパス経営を導入するメリット

パーパス経営を導入するメリット
 
パーパス経営を導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。従業員のモチベーション向上、企業のブランド価値向上、持続可能な成長への寄与など、具体的なメリットをご紹介します。

 

 

  1. 従業員のモチベーション向上
  2. 企業のブランド価値向上
  3. 持続可能な成長への寄与

 

 

従業員のモチベーション向上

パーパス経営を導入することで、最も大きなメリットの一つが従業員のモチベーションの向上です。パーパスが明確な企業では、従業員は自分たちが何のために働いているのか、自分の仕事がどのように企業の目標や社会に貢献しているのかを理解することができます。

 

この理解は、従業員のモチベーションを高め、業績を向上させるとともに、離職率の低下にもつながります。これにより、企業は優秀な人材を確保し続けることが可能となります。

 

また、パーパスに共感する従業員は積極的に業務に取り組み、企業の目指す方向に向けて働きます。これが組織全体の生産性や創造性を向上させる一因となります。詳細な取り組みや具体的な方法は、エンゲージメント対策モチベーション向上の方法をご覧ください。

 

企業のブランド価値向上

パーパス経営は、企業のブランド価値を向上させる力を持っています。パーパスが明確な企業は、その価値観や存在意義が顧客や社会に伝わりやすくなります。これは企業の認知度や評価を高め、ブランド価値の向上につながります。

 

また、企業のパーパスが社会的な課題の解決に向けられている場合、企業の取り組みは社会貢献活動として認識され、その結果、企業の信頼性や好感度が上がる可能性があります。これは結果的に、顧客のロイヤルティを高め、企業の収益性を向上させる可能性があります。

 

パーパス経営によるブランド価値向上は、企業の持続的な成長を支え、競争優位性を保つための重要な要素となります。

 

 

持続可能な成長への寄与

パーパス経営は、企業の長期的な成功と持続可能な成長を支える枠組みです。パーパスが明確である企業は、その方向性に従って戦略を立て、リソースを配分することが可能となります。これにより、企業は一貫性と方向性を持つ組織となり、長期的な視点での成長を実現できます。

 

また、パーパスは社会との関わりを通じて形成され、その結果、社会の変化に柔軟に対応する能力が養われます。これは、企業が変化の激しいビジネス環境に適応し、競争優位性を維持するために不可欠な要素となります。

 

さらに、パーパスを持つ企業は、その存在意義が社会的な価値と結びついているため、ステークホルダーからの信頼と支持を得やすくなります。これは、企業が持続可能な成長を達成するために重要な要素となります。

 

 

パーパス経営の導入方法

パーパス経営の導入方法
 
ここまでパーパス経営の重要性について説明してきましたが、具体的にはどのように導入すればよいのでしょうか。ここでは、パーパスの設定方法、推進体制の作り方、そしてコミュニケーションの重要性について詳しく解説します。

 

 

  1. パーパスの設定方法
  2. パーパス経営の推進体制作り
  3. コミュニケーションの重要性

 

 

パーパスの設定方法

まず最初に、企業のパーパスを設定することが重要です。パーパスは、企業が何のために存在し、どのような価値を社会に提供するのかを示すものです。このパーパスの設定は、経営層だけでなく、従業員全体で行うことが推奨されます。

 

パーパスを設定するための一つの方法は、ワークショップを開催することです。ワークショップでは、参加者が自由に意見を交換し、共有のビジョンを形成する機会を提供します。詳細な手法については、ワークショップとはワークショップの進行方法をご覧ください。

 

また、パーパスの設定は一度きりのものではなく、定期的に見直す必要があります。社会の変化や企業の成長に伴い、パーパスも進化していくべきです。このような変化に柔軟に対応することで、企業は持続的に価値を提供し続けることができます。

 

 

パーパス経営の推進体制作り

パーパスを設定した後は、そのパーパスに基づいた経営を推進する体制を作ることが必要です。これには、経営層のリーダーシップが重要となります。リーダーシップは、従業員がパーパスに対して共感し、それに基づいて行動するための方向性を示す役割を果たします。具体的なリーダーシップのスキルについては、リーダーシップスキルをご覧ください。

 

さらに、パーパスを組織全体に浸透させるためには、内部コミュニケーションが重要です。リーダーは、パーパスを常に明確に伝え、従業員がそのパーパスに沿った行動をとることを奨励するべきです。詳しくは内部コミュニケーションを参照してください。

 

また、パーパスに基づく経営を推進するためには、組織の構造や制度も見直す必要があります。パーパスと一致する行動を取ることを促す様々な施策を実施することで、パーパス経営が組織全体で実現されることでしょう。

 

 

コミュニケーションの重要性

パーパス経営を成功させるためには、コミュニケーションが非常に重要です。パーパスは共有された価値観であり、その理解と実行を深めるためには、組織内のコミュニケーションが不可欠となります。従業員間での情報共有や意見交換を通じて、パーパスに対する共通の理解を深めることが可能となります。

 

そのためには、コミュニケーションスキルを磨き、オープンで相互理解に基づくコミュニケーションを確立することが求められます。具体的には、コミュニケーションの重要性を理解し、内部コミュニケーションを活性化させるためのスキルや方法を学ぶことがおすすめです。

 

最後に、パーパス経営は企業だけの問題ではありません。企業のパーパスは社会全体に影響を与え、その結果が社会の評価となります。そのため、企業の外部ステークホルダーとのコミュニケーションも重要となります。企業は自身のパーパスを社会に向けて発信し、社会との連携を深めることで、パーパス経営をより効果的に進めることができるでしょう。

 

パーパス経営は企業の存在意義を明確にし、社会との連携を深め、持続可能な成長を実現するための重要な手段となります。しかし、パーパス経営を成功させるためには、パーパスの設定、パーパス経営の推進体制作り、そして組織内外とのコミュニケーションが重要です。パーパス経営は企業が取り組むべき課題であり、その達成により企業は社会とともに成長し、価値を創出し続けることが可能となるでしょう。

 

 

パーパス経営の導入と推進に関する更なる情報や支援が必要な場合は、経営コンサルティング協会(CCA)にご連絡ください。専門的な視点からのアドバイスや、企業の状況に合わせた具体的なアクションプランを提供することが可能です。

 

 

パーパス経営を成功させるための要素

パーパス経営を成功させるための要素
 
パーパス経営とは、企業の存在意義や社会的役割を明確にし、それを基盤としてビジネスを展開する経営手法のことです。ただし、この経営手法を成功させるためには、いくつかの重要な要素があります。それらについて詳しく見ていきましょう。

 

 

  1. リーダーシップの役割
  2. パーパスと戦略の整合性
  3. 従業員の参画と経営者のコミットメント

 

 

リーダーシップの役割

パーパス経営を推進する上で、経営者やリーダーの役割は非常に重要です。まずは、自分自身がパーパスを深く理解し、それを組織全体に共有することが求められます。そのためには、コミュニケーション力が不可欠となります。強いリーダーシップを持つ人物は、組織全体の価値観を統一し、共有する力を持っています。リーダーシップについては、こちらの記事も参考になります。

 

 

また、リーダーがパーパスを体現する行動を取ることで、組織全体のモチベーションを高め、パーパスの実現につなげることができます。そのためには、リーダー自身がパーパスを信じ、自身の行動によってそれを示すことが求められます。
さらに、リーダーは組織の変革を主導する役割も果たします。パーパス経営を導入する際には、従来の価値観や経営スタイルを見直すことが多々あります。その際に、リーダーが前面に出て変革を牽引することで、組織全体の変革を円滑に進めることが可能となります。

 

 

パーパスと戦略の整合性

パーパス経営の成功のためには、企業のパーパスと戦略の整合性を保つことが必要です。パーパスとは企業の存在意義や使命であり、戦略はそのパーパスを達成するための具体的な手段です。パーパスが戦略と一致していないと、組織内で混乱が生じ、パーパスの実現が困難になります。

 

 

そのため、パーパスの設定だけでなく、それを具体的に実現するための戦略を考えることが求められます。その戦略を立案する際には、自社の強みや弱み、市場の状況などを考慮し、現実的な計画を立てることが大切です。
また、戦略は定期的に見直すことが求められます。社会の変化や経営環境の変動に対応し、柔軟に戦略を修正することで、パーパスの達成を目指します。

 

 

従業員の参画と経営者のコミットメント

パーパス経営の成功には、従業員の参画と経営者のコミットメントが欠かせません。従業員の参画は、パーパスが組織全体に浸透するために必要な要素であり、それにより従業員のモチベーション向上や組織の一体感が生まれます。
参画を促すためには、経営者がパーパスを明確に伝え、その理解を深めることが重要です。また、従業員が自分自身の仕事を通じてパーパスに貢献していると感じられるような仕組み作りも大切です。参画については、こちらの記事も参考になります。

 

 

一方、経営者のコミットメントは、経営者自身がパーパス経営を進める決意を示すことです。経営者がパーパス経営に対する強い信念と責任感を持ち、それを組織内外に伝えることで、パーパス経営が進展します。
また、経営者がパーパス経営に全力を注ぐ姿勢を見せることで、従業員の信頼と安心感が生まれ、組織全体が一体となってパーパスに向かって動くことが可能になります。

 

 

パーパス経営の事例紹介

パーパス経営の事例紹介
 
パーパス経営は、多くの企業で取り組まれており、その効果を実感している事例も少なくありません。ここでは、パーパス経営の具体的な取り組みとその成果を国内企業と海外企業の事例を交えて紹介します。

 

 

  1. 国内企業のパーパス経営事例
  2. 海外企業のパーパス経営事例

 

 

国内企業のパーパス経営事例

まず国内の事例として、アスクル株式会社を挙げます。アスクルは「すべての働く人に最良の商品とサービスを提供し、生活の豊かさと幸せを創造する」というパーパスを掲げています。商品の提供だけでなく、従業員が働きやすい環境づくりにも力を入れており、その結果、従業員満足度が高く、顧客からの信頼も厚い企業となっています。

 

 

次に、ユニクロを運営するファーストリテイリング社の事例を見てみましょう。同社は「素晴らしい衣服と素晴らしい会社を創る」というパーパスのもと、高品質で手頃な価格の衣服を提供する一方、従業員の成長と福利厚生にも力を入れています。その結果、高いブランド力とともに、社員の士気向上や定着率の向上にも成功しています。

 

 

海外企業のパーパス経営事例

海外企業の事例としては、アメリカのスターバックスが挙げられます。スターバックスは「一杯のコーヒーで人々の心を豊かにし、コミュニティを育む」というパーパスを掲げています。店舗は「第三の場所」と位置づけられ、顧客がリラックスできる空間作りに努めています。また、豊かな給与制度や教育制度によって従業員の満足度も高めています。

 

 

また、デンマークの企業、レゴもパーパス経営の代表例です。「子供たちの創造性を育む」というパーパスを掲げ、その実現のために積極的なCSR活動を展開し、子供たちに教育的なプレイを提供しています。これにより、社会貢献とブランド力の向上を両立しています。

 

 

パーパス経営の課題と解決策

パーパス経営の課題と解決策
 
パーパス経営に取り組む企業が増えていますが、その道のりは決して平坦ではありません。ここでは、パーパス経営における課題とその解決策について、具体的な方法を提案します。

 

 

  1. パーパス経営導入の課題
  2. パーパスの浸透と維持に向けた取り組み

 

 

パーパス経営導入の課題

パーパス経営を導入する際の最大の課題は、パーパスの明確化とそれを組織全体で共有することでしょう。これには経営者の強いリーダーシップと、従業員の理解と協力が必要です。パーパスが曖昧であったり、従業員間で理解が一致しないと、混乱を引き起こす可能性があります。その解決策として、コミュニケーションの強化が挙げられます。経営者が自らパーパスを語る場を設け、従業員との対話を通じて理解を深めることが重要です。具体的には、ワークショップの開催や、ファシリテーターを用いた対話の場を設けると良いでしょう。

 

次に挙げられる課題は、パーパスに基づいた経営戦略の策定と実行です。パーパスをただ掲げるだけではなく、それを具体的な経営活動に落とし込むことが求められます。ここで重要となるのが、パーパスを具現化するための具体的なアクションプランの策定です。企業研修の一環として、パーパスに沿った行動を従業員全員で考え、共有することが推奨されます。

 

 

パーパスの浸透と維持に向けた取り組み

パーパス経営を成功させるためには、パーパスの浸透維持が重要です。パーパスが全従業員に浸透し、常に心に留まるような環境を整える必要があります。そのためには、定期的なパーパスの共有会を設けたり、経営者自らがパーパスについて語る場を設けることが有効です。また、内部コミュニケーションを活性化させ、パーパスについての対話を促すことも重要です。

 

また、組織の中でパーパスが定着し続けるためには、新たなメンバーが加わったときのオンボーディングも重視すべきです。新たなメンバーが組織のパーパスを理解し、それを体現する行動をとれるような教育やトレーニングが必要となります。ここでも、ファシリテーションスキルを持った人材の活用が有効となるでしょう。

 

 

まとめ

まとめ
 
パーパス経営は、組織が長期的な成功を収めるための重要な経営手法となっています。パーパスを明確にし、それを全従業員が共有し、行動に落とし込むことで、従業員のモチベーション向上やブランド力の強化、顧客満足度の向上など、様々なメリットを享受することができます。

 

 

しかし、パーパス経営の導入と維持は、容易なものではありません。パーパスの明確化、経営戦略の策定と実行、パーパスの浸透と維持、これらを達成するためには、強いリーダーシップと共に、従業員一人ひとりの理解と協力が不可欠です。そのためには、対話の場の設けや教育、トレーニングの実施など、様々な施策が求められます。

 

 

パーパス経営は、従業員と企業、そして社会全体の幸せを追求する大切な手段です。その実現のためには、コミュニケーションの強化や、リーダーシップスキルの向上が重要となります。私たちは、企業がパーパス経営を成功させるためのサポートを行っております。一緒に、より良い組織づくりを目指しましょう。

 

 

また、弊社共創アカデミーでは、組織パフォーマンス向上のための実践形式の法人研修を行っております。大企業や中小企業、行政等における風土改革・組織開発の豊富な経験から、実際に現場で効果を出した取り組みを豊富にご紹介します。ぜひお気軽にお問合せください!
 

風土改革・組織開発をしたい人事部の方へ    


法人研修 共創アカデミー
  
御社に最適な研修やセッションを提供します
「やりっぱなしで終わらせず、成果につなげたい」
「一方的な学びではなく、主体的に学ぶ文化を醸成したい」
「これまでと違う育成アプローチで組織の変革を起こしたい」
「当社の事情に合わせた内容で研修をしてほしい」

\ 詳細はこちらから /

 

 

 

 

ファシリテーション塾

弊社では、集団でコンセンサスを取るのに必須となるファシリテーションスキルを効果的に高められる「ファシリテーション塾」を開催しております。
会議や商談など、「場を作って対話をする」場面で活用することで参加者同士の関係の質が向上し共に見たい未来の共創ができるスキルを体系的実践的に学ぶことができます。
 
ビジネスパーソンの方だけではなく、お寺の住職さんや芸人さん、ミュージシャンなど、いろいろな業種の方、のべ300人以上の方にご参加いただいております。ファシリテーションスキルを高めるだけではなく、多様な方との出会いもお楽しみいただけます。
 
ぜひお気軽にお申し込みください!
 

ファシリテーションスキルを高めたい方へ    


 
こんな方にオススメ

「ファシリテーションを実践的に学び自分のビジネスや人生に役立てたい」

「転換期の時代に必要なリーダーシップを身に着けたい」

「学び続けながら、生涯相談し合える豊かな仲間が欲しい」

「豊かな人間関係に恵まれながら、より主体的に自分の人生を生きたい」

「普段仕事で接する人だけではなく、多様な職種、年齢の方とも学びたい」

 
\ 詳細はこちらから /

CONTACT

お気軽にご相談ください

フォームからお問い合わせ