本文までスキップ

コラム

グループディスカッションを円滑に進めるファシリテーターの役割とは?

     

グループディスカッションを円滑に進めるファシリテーターの役割とは?ファシリテーターとは、グループディスカッションや会議の進行を促進する役割を持つ人のことを指します。ファシリテーターは、グループ内での意見交換を円滑に進めるために、参加者の意見や感情を引き出したり、問題解決を支援したりするなど、様々なスキルが求められます。また、中立的で公平な立場を守り、参加者全員の発言機会を平等に確保することも重要な役割です。

 

本記事では、ファシリテーターの役割やスキル、マインドセットについてまとめ、初めてファシリテーションに挑戦する方や、ファシリテーターの役割について深く理解したい方にとって、非常に有益な情報を提供していきます。

 

目次


 

  1. ファシリテーターの役割
  2. ファシリテーターのスキル
  3. ファシリテーターのマインドセット
  4. まとめ
  5. ファシリテーション塾

 

 

 

ファシリテーターの役割

ファシリテーターの役割

グループディスカッションや会議などの場で、円滑な意見交換を促進するために必要な存在がファシリテーターです。ファシリテーターは、参加者全員の意見や感情を引き出し、調和の取れた議論を促進することが求められます。しかし、単に議論を進めるだけではなく、参加者の気持ちを汲み取り、適切な進行や方向性を提供することも必要です。

 

この章では、ファシリテーターの役割について詳しく解説します。

 

  1. グループの進行を促進する
  2. コミュニケーションの円滑化を図る
  3. 問題解決を支援する
  4. 参加者のエンゲージメントを高める

 

 

グループの進行を促進する

ファシリテーターは、グループディスカッションや会議の進行を促進する役割を持ちます。グループディスカッションや会議は、多数の参加者や複雑な議題を扱う場合があり、参加者間でのコミュニケーションや意見の整理が難しい場合があります。このような場合に、ファシリテーターはグループの進行を促し、議題に沿った話題を整理し、議論の方向性を示すことで、議論をスムーズに進めることができます。

 

例えば、ある企業が社員全員で行うワークショップを開催することにした場合、社員全員の意見を集約する必要があります。ファシリテーターは、社員全員の発言を促し、まとめ役として議論の方向性を示すことで、ワークショップを効果的に進めることができます。

 

 

コミュニケーションの円滑化を図る

ファシリテーターは、参加者間のコミュニケーションを円滑にすることも重要な役割です。コミュニケーションの円滑化は、意見交換や情報共有をスムーズに進めることができ、グループディスカッションや会議の成果にも影響します。

 

例えば、ある学校の教員会議で、教員同士のコミュニケーションが円滑でない場合、意見交換や情報共有がうまくいかないため、会議の成果にも影響が出てしまいます。ファシリテーターは、コミュニケーションの円滑化を図るために、聴き手になったり、話し手の発言内容を要約して確認したり、発言者を尊重する姿勢を示したりすることが求められます。

 

コミュニケーション能力の上達法についてまとめた記事はこちら

 

 

問題解決を支援する

ファシリテーターは、グループの問題解決を支援する役割も持ちます。問題解決を支援することで、グループの共通の目標達成に貢献することができます。

 

例えば、ある企業が顧客満足度を向上するために、顧客満足度調査を実施することにした場合、ファシリテーターは、調査結果を分析し、問題点を明確にすることで、解決策を共有し、アクションプランを立てることができます。

 

 

参加者のエンゲージメントを高める

ファシリテーターは、参加者のエンゲージメントを高めることも重要な役割です。参加者のエンゲージメントを高めることで、議論の成果を最大限に引き出すことができます。

 

例えば、ある学生団体が、学生参加型のイベントを企画することにした場合、ファシリテーターは、参加者の興味関心に合わせた話題を提供したり、参加者同士の関係性を構築するためのアクティビティを行ったりすることができます。

 

弊社共創アカデミーでは、組織パフォーマンス向上のための実践形式の法人研修を行っております。大企業や中小企業、行政等における風土改革・組織開発の豊富な経験から、実際に現場で効果を出した取り組みを豊富にご紹介します。ぜひお気軽にお問合せください!
 

風土改革・組織開発をしたい人事部の方へ    


法人研修 共創アカデミー
  
御社に最適な研修やセッションを提供します
「やりっぱなしで終わらせず、成果につなげたい」
「一方的な学びではなく、主体的に学ぶ文化を醸成したい」
「これまでと違う育成アプローチで組織の変革を起こしたい」
「当社の事情に合わせた内容で研修をしてほしい」

\ 詳細はこちらから /

 

 

 

ファシリテーターのスキル

ファシリテーターのスキル

ファシリテーターは、グループディスカッションや会議を円滑に進めるために必要な役割を担っています。しかし、単に会議を進めるだけではなく、参加者の意見や感情を引き出し、問題解決を支援するためには、様々なスキルが必要です。

 

この章では、ファシリテーターに必要なスキルについてまとめ、詳しく解説していきます。コミュニケーションスキルや問題解決スキル、リーダーシップスキル、ファシリテーションスキルなど、それぞれのスキルについて、具体的な説明や役割での実践例を紹介していきます。

 

  1. コミュニケーションスキル
  2. 問題解決スキル
  3. リーダーシップスキル
  4. ファシリテーションスキル

 

 

コミュニケーションスキル

ファシリテーターには、コミュニケーションスキルが必要不可欠です。コミュニケーションスキルは、聴く力や話す力、フィードバックの提供力などが含まれます。ファシリテーターは、参加者全員が自由に発言できる環境を作り出すために、聴く力や話す力が求められます。

 

例えば、ある会社で新しい製品の開発会議を開く場合、ファシリテーターは、参加者の意見を聞き、製品の開発方針に反映することができます。

 

コミュニケーション能力の上達法についてまとめた記事はこちら

 

 

問題解決スキル

ファシリテーターには、問題解決スキルが必要不可欠です。問題解決スキルは、問題の分析能力、解決策の提案能力、アクションプランの作成能力などが含まれます。ファシリテーターは、グループの問題解決を支援するために、問題解決スキルを必要とします。

 

例えば、ある団体が問題解決会議を開催することにした場合、ファシリテーターは、問題の分析を行い、解決策を提案し、アクションプランを作成することができます。

 

 

リーダーシップスキル

ファシリテーターには、リーダーシップスキルが必要不可欠です。リーダーシップスキルは、方向性を示す能力や参加者を導く能力、緊急時には的確な判断を下す能力などが含まれます。ファシリテーターは、グループディスカッションや会議を適切に進行させるために、リーダーシップスキルを必要とします。

 

例えば、あるプロジェクトチームがプロジェクト進行についての会議を開催することにした場合、ファシリテーターは、プロジェクトの方向性を示し、参加者を導くことができます。

 

リーダーシップスキルについて詳しくまとめた記事はこちら

 

 

ファシリテーションスキル

ファシリテーターには、ファシリテーションスキルが必要不可欠です。ファシリテーションスキルは、話題の整理能力や発言機会の確保能力、フィードバックの提供能力、サマリーの作成能力などが含まれます。ファシリテーターは、グループディスカッションや会議を効果的に進行させるために、ファシリテーションスキルを必要とします。

 

例えば、ある学校で生徒会役員選挙の議論を行う場合、ファシリテーターは、発言機会を確保し、話題の整理を行い、サマリーを作成することができます。

 

ファシリテーションスキルについて詳しくまとめた記事はこちら

 

また、弊社では、ファシリテーションスキルを効果的に高められる「ファシリテーション塾」を開催しております。
会議や商談など、「場を作って対話をする」場面で活用することができるスキルを実践的に学ぶことができます。
 
ビジネスパーソンの方だけではなく、お寺の住職さんや芸人さん、ミュージシャンなど、いろいろな業種の方、のべ300人以上の方にご参加いただいております。ファシリテーションスキルを高めるだけではなく、多様な方との出会いもお楽しみいただけます。
 
ぜひお気軽にお申し込みください!
 

ファシリテーションスキルを高めたい方へ    


 
こんな方にオススメ

「ファシリテーションを実践的に学び自分のビジネスや人生に役立てたい」

「転換期の時代に必要なリーダーシップを身に着けたい」

「学び続けながら、生涯相談し合える豊かな仲間が欲しい」

「豊かな人間関係に恵まれながら、より主体的に自分の人生を生きたい」

「普段仕事で接する人だけではなく、多様な職種、年齢の方とも学びたい」

 
\ 詳細はこちらから /

 

 

ファシリテーターのマインドセット

ファシリテーターのマインドセット

ファシリテーターには、スキルだけでなく、特別なマインドセットが求められます。ファシリテーターは、参加者全員の意見を尊重し、議論を促進するために、中立的で公平な立場を守る必要があります。また、参加者の気持ちや状況を汲み取り、適切な方向性を提供することも求められます。

 

この章では、ファシリテーターに必要なマインドセットについてまとめ、詳しく解説していきます。中立性や聴き手であること、開かれたマインドセットなど、それぞれのマインドセットについて、具体的な説明や実践例を紹介していきます。

 

  1. 中立性
  2. 聴き手であること
  3. 開かれたマインドセット

 

 

中立性

ファシリテーターには、中立性が求められます。中立性は、参加者間の偏りや不平等を避け、公平な議論を促進することができます。

 

例えば、ある地域の住民集会での議論において、あるグループに参加者が偏っている場合、ファシリテーターは、中立的な立場を守り、全参加者の意見を平等に聞くことができます。

 

 

聴き手であること

ファシリテーターには、聴き手であることが求められます。聴き手であることは、参加者の意見を尊重し、議論を促進することができます。

 

例えば、ある企業の社員ミーティングにおいて、ある社員が発言したいと言っているが、他の社員に遮られてしまう場合、ファシリテーターは、聴き手であることを意識し、社員の発言機会を確保することができます。

 

 

開かれたマインドセット

ファシリテーターには、開かれたマインドセットが必要不可欠です。開かれたマインドセットは、新しいアイデアや異なる意見を受け入れることができ、グループの共通の目標に向けて議論を促進することができます。

 

例えば、ある学生グループのプロジェクトチームにおいて、あるメンバーが新しいアイデアを提案した場合、ファシリテーターは、開かれたマインドセットを持ち、新しいアイデアを受け入れることができます。

 

 

 

 

まとめ

まとめ

本記事では、ファシリテーターの役割やスキル、マインドセットについて、まとめました。ファシリテーターは、グループディスカッションや会議の進行を促進する役割や、参加者間のコミュニケーションを円滑化する役割を持ちます。そのために、コミュニケーションスキルや問題解決スキル、リーダーシップスキル、ファシリテーションスキルが必要不可欠です。また、中立性や聴き手であること、開かれたマインドセットも求められます。

 

初めてファシリテーターを担当する方や、ファシリテーターの役割について深く理解したい方にとって、本記事は非常に有益であると思われます。ファシリテーターを担当する際には、本記事で紹介された役割やスキル、マインドセットを意識し、グループディスカッションや会議の進行を促進していくことが大切です。

 

参考記事

 
また、弊社共創アカデミーでは、組織パフォーマンス向上のための実践形式の法人研修を行っております。大企業や中小企業、行政等における風土改革・組織開発の豊富な経験から、実際に現場で効果を出した取り組みを豊富にご紹介します。ぜひお気軽にお問合せください!
 

風土改革・組織開発をしたい人事部の方へ    


法人研修 共創アカデミー
  
御社に最適な研修やセッションを提供します
「やりっぱなしで終わらせず、成果につなげたい」
「一方的な学びではなく、主体的に学ぶ文化を醸成したい」
「これまでと違う育成アプローチで組織の変革を起こしたい」
「当社の事情に合わせた内容で研修をしてほしい」

\ 詳細はこちらから /

 

 
 
 
 

ファシリテーション塾

弊社では、ファシリテーションスキルを効果的に高められる「ファシリテーション塾」を開催しております。
会議や商談など、「場を作って対話をする」場面で活用することができるスキルを実践的に学ぶことができます。
 
ビジネスパーソンの方だけではなく、お寺の住職さんや芸人さん、ミュージシャンなど、いろいろな業種の方、のべ300人以上の方にご参加いただいております。ファシリテーションスキルを高めるだけではなく、多様な方との出会いもお楽しみいただけます。
 
ぜひお気軽にお申し込みください!
 

ファシリテーションスキルを高めたい方へ    


 
こんな方にオススメ

「ファシリテーションを実践的に学び自分のビジネスや人生に役立てたい」

「転換期の時代に必要なリーダーシップを身に着けたい」

「学び続けながら、生涯相談し合える豊かな仲間が欲しい」

「豊かな人間関係に恵まれながら、より主体的に自分の人生を生きたい」

「普段仕事で接する人だけではなく、多様な職種、年齢の方とも学びたい」

 
\ 詳細はこちらから /

CONTACT

お気軽にご相談ください

フォームからお問い合わせ