本文までスキップ

コラム

心理的安全性とは?組織の実践方法と作り方を解説

     

心理的安全性とは?組織の実践方法と作り方を解説

 

 

心理的安全性は、チームや組織内で個々人がリスクを恐れずに意見を表明し、失敗を恐れずに挑戦できる環境を意味します。これは、効果的なチームワークやイノベーションの育成に不可欠です。この文章では、心理的安全性の基本的な概念とその重要性を探求し、実践的な方法を提供します。

 

 

目次


 

  1. 心理的安全性とは何か
  2. 心理的安全性を高める方法
  3. 実践事例と効果
  4. 心理的安全性を維持するためのルール作り
  5. まとめ

 

 

心理的安全性とは何か

心理的安全性とは何か

 

 

心理的安全性は、個人がチーム内でリスクを取る際、否定的な影響を恐れることなく意見や疑問を表明できる文化を指します。この環境は、革新的なアイデアや問題解決策の共有を促進し、組織の成長に不可欠です。目的は、オープンで協力的な職場環境を作り、全員が自分の意見を安心して表現できるようにすることです。心理的安全性についてはこちらの記事でも解説しています。

 

 

  1. 心理的安全性の基本原則
  2. 心理的安全性を高める方法

 

 

心理的安全性の基本原則

心理的安全性を高めるための基本原則には、多様性の尊重と対人リスクの排除が含まれます。これらの原則は、チーム内でのオープンなコミュニケーションと相互尊重の文化を構築することを目指しています。

 

 

多様性の尊重

チーム内で多様な視点を受け入れ、尊重することは、革新と創造性を促進します。

 

対人リスクの排除

メンバーがリスクを取る際の不安や恐れを減らすことで、オープンなコミュニケーションを促進します。

 

安心感の創出

メンバーが安心して意見を共有できる環境を提供することで、全員の貢献が評価されます。

 

 

これらの原則を実施することで、チームはより効果的に機能し、組織全体の成長に貢献します。

 

 

心理的安全性の低下がもたらす弊害

心理的安全性が不足すると、パフォーマンスの低下、心身の不調、休職者や退職者の増加などの問題が生じます。これは、チームの生産性と従業員の満足度に直接影響を与える重要な問題です。

 

 

パフォーマンスの低下

意見を表明することへの恐れが創造性を阻害し、チームの成果に影響を及ぼします。

 

心身の不調

不安やストレスが心身の健康に悪影響を与え、仕事の効率を低下させます。

 

離職率の増加

安全でない職場環境は従業員の不満を引き起こし、高い離職率につながります。

 

 

これらの弊害は、組織の生産性と従業員のウェルビーイングに直接影響を与えるため、心理的安全性の確保は非常に重要です。

 

 

風土改革・組織開発をしたい人事部の方へ    


法人研修 共創アカデミー
  
御社に最適な研修やセッションを提供します

 

「やりっぱなしで終わらせず、成果につなげたい」
「一方的な学びではなく、主体的に学ぶ文化を醸成したい」
「これまでと違う育成アプローチで組織の変革を起こしたい」
「当社の事情に合わせた内容で研修をしてほしい」

 

\ 詳細はこちらから /

 

 

心理的安全性を高める方法

心理的安全性を高める方法

 

 

心理的安全性を高めるための重要なアプローチは、対人リスクへの不安を減少させ、オープンなコミュニケーションと信頼を構築することです。

 

これには、積極的なフィードバックの提供、失敗から学ぶ文化の促進、そしてチームメンバー間の関係性の強化が含まれます。チーム内の安心感を高めることで、創造性と協力が促進され、組織全体の成果に貢献します。こちらの記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

  1. マネジメント層の役割
  2. 全メンバーの責任
  3. 制度面での工夫

 

 

マネジメント層の役割

マネジメント層は、心理的安全性を高めるために重要な役割を担います。積極的なコミュニケーションにより、メンバーが自由に意見を交換できる環境を促進し、限界の開示を通じて、リーダー自身も脆弱性を示すことが大切です。さらに、チームメンバーの成果を公正に評価し、励ますことで、自己効力感とモチベーションを高めることができます。

 

これらの取り組みは、チーム内の信頼を築き、より効果的なコミュニケーションを実現します。マネジメントのスキルについては、こちらの記事でも解説しています。

 

 

全メンバーの責任

心理的安全性の実現には、全チームメンバーの責任があります。相互尊重と感謝の表現は、チーム内の信頼感と結束力を高めます。業務外のコミュニケーション、例えばカジュアルな雑談やチームビルディング活動に積極的に参加することで、メンバー間の関係性が深まり、より強固なチームワークが構築されます。

 

このような環境は、チームメンバーがリスクを取り、革新的なアイデアを共有するための基盤を提供します。

 

 

制度面での工夫

心理的安全性を高めるためには、制度面での工夫も不可欠です。メンター制度の導入は、新入社員や若手社員に経験豊富なメンターを提供し、キャリア発展とスキル向上をサポートします。ピアボーナスシステムは、メンバー同士が互いの努力を認識し、評価する機会を提供します。

 

また、評価制度の見直しは、公正性と透明性を高め、チームメンバーに明確な目標と成果の基準を与えます。これらの制度は、組織内の心理的安全性を強化し、全員が活躍できる環境を促進します。

 

 

実践事例と効果

実践事例と効果

 

 

心理的安全性が高い組織では、メンバーがリスクを取ることや恥をかくことを恐れずに質問し、アイデアを述べることが可能になります。

 

Googleは心理的安全性の重要な例であり、彼らの研究はチームの効果性に最も大きな影響を与える要因として心理的安全性を特定しています。心理的安全性が高い環境では、チームメンバーがお互いを信頼し、目標達成のためにベストを尽くすようになります。これにより、イノベーションの創出や生産性向上などの効果が実現されます​​。

 

 

  1. 心理的安全性を高める施策の事例
  2. 心理的安全性が高まった組織の成果

 

 

心理的安全性を高める施策の事例

実際の企業における心理的安全性を高める施策の一例として、1on1ミーティングの実施があります。これは上司と部下が1対1で話すことで、仕事内容よりも人間関係やプライベートのことを主に話し、お互いを深く理解する機会として活用されます。

 

このような施策を通じて信頼関係が築かれ、部下が相談しやすい環境が構築されます。また、価値観の受容や共通認識のすり合わせ、ピアボーナスの導入なども心理的安全性を高める施策として有効です​​。

 

 

心理的安全性が高まった組織の成果

心理的安全性が高い組織では、イノベーションが生まれやすくなり、多様な人材が集まりやすくなります。これにより、ビジネスの幅が広がり、社会に大きな影響を与える企業に飛躍する可能性が高まります。

 

また、チーム内での助け合いの精神が生まれやすくなり、エンゲージメントが高まることで、チームに対する感謝の念が強固になります。心理的安全性が確保された職場では、従業員のモチベーション向上、生産性の向上、ストレスの低減などが実現されることが期待されます​​。

 

 

心理的安全性を維持するためのルール作り

心理的安全性を維持するためのルール作り

 

 

心理的安全性を維持するためには、ルールに基づく組織運営が重要です。ルールに基づく運営は、期待される行動標準を明確にし、不安を減らし、効果的なコミュニケーションを促進します。

 

心理的安全性を高めるルールには、意見の自由な表明、失敗に対する寛容さ、対人関係のリスク排除などが含まれます。これらのルールは組織内で共有され、従業員によって理解され実践される必要があります。ルールの設定と遵守は、チームの透明性を高め、信頼を築く上で不可欠です。

 

 

まとめ

まとめ

 

 

心理的安全性の重要性と組織における実践は、チームの効果性、イノベーションの促進、生産性の向上に大きな影響を与えます。心理的安全性のある職場は、従業員がリスクを恐れずに意見やアイデアを自由に共有できる環境を提供し、組織全体の成功に寄与します。

 

組織は、心理的安全性を高める施策を実践し、継続的な改善と評価を行うことで、この重要な文化を維持し発展させることができます。心理的安全性は単なるコンセプトではなく、組織の成功に直接貢献する実践的なアプローチであることが分かるでしょう。

 

 

また、弊社共創アカデミーでは、組織パフォーマンス向上のための実践形式の法人研修を行っております。大企業や中小企業、行政等における風土改革・組織開発の豊富な経験から、実際に現場で効果を出した取り組みを豊富にご紹介します。ぜひお気軽にお問合せください!
 

風土改革・組織開発をしたい人事部の方へ    


法人研修 共創アカデミー
  
御社に最適な研修やセッションを提供します

 

 

 

 

「やりっぱなしで終わらせず、成果につなげたい」
「一方的な学びではなく、主体的に学ぶ文化を醸成したい」
「これまでと違う育成アプローチで組織の変革を起こしたい」
「当社の事情に合わせた内容で研修をしてほしい」

\ 詳細はこちらから /

 

 

ファシリテーション塾

弊社では、集団でコンセンサスを取るのに必須となるファシリテーションスキルを効果的に高められる「ファシリテーション塾」を開催しております。
会議や商談など、「場を作って対話をする」場面で活用することで参加者同士の関係の質が向上し共に見たい未来の共創ができるスキルを体系的実践的に学ぶことができます。
 
ビジネスパーソンの方だけではなく、お寺の住職さんや芸人さん、ミュージシャンなど、いろいろな業種の方、のべ300人以上の方にご参加いただいております。ファシリテーションスキルを高めるだけではなく、多様な方との出会いもお楽しみいただけます。
 
ぜひお気軽にお申し込みください!
 

ファシリテーションスキルを高めたい方へ    


 
こんな方にオススメ

「ファシリテーションを実践的に学び自分のビジネスや人生に役立てたい」

「転換期の時代に必要なリーダーシップを身に着けたい」

「学び続けながら、生涯相談し合える豊かな仲間が欲しい」

「豊かな人間関係に恵まれながら、より主体的に自分の人生を生きたい」

「普段仕事で接する人だけではなく、多様な職種、年齢の方とも学びたい」

 
\ 詳細はこちらから /

CONTACT

お気軽にご相談ください

フォームからお問い合わせ