本文までスキップ

コラム

事例紹介~オンラインファシリテーション研修~

大手電機メーカーの事業部で実施した研修の

事務局ご担当者様にインタビューをしました。

この研修では、受講者のお一人が

後日、自発的に受講者を集め、

リピート研修を企画してくださり、

実施させていただきました。

また、ベーシック(半日×2日研修)を受講した方から

選抜でアドバンス(3日間研修)も実施しました。

 


 

この研修をご依頼くださったのは、どんな課題があったからですか?

 

新しい事業部ができ、人材育成をしていく中で、

モチベーションをあげていくためにも、

今いるメンバーにベーシックスキルとして、

ファシリテーションを学んでもらいたいと考えていたからです。

 

実際、受講者に変化は見られましたか?

 

研修を受けたメンバーが、その後他社と合同で

会議をしたんです。

その様子をみると、今までよりも主体的な態度で、

ファシリテーションのイニシアティブをとっていたのが

印象的でした。

自ら課題を設定するのが苦手だったのですが、

研修で実践的に学んだことで自信がついたようです。

 

他の研修とは違う特徴は、どんなところにありましたか?

 

まず、講師の熱量がオンラインでも伝わってきました。

それによって、受講者も最後まで集中していましたね。

また、実問題と紐づけたテーマの会議を実際にファシリテート

することで、組織の課題について考える機会になっていたのが

良かったです。

 

どんな人に受講をおすすめしたいですか?

 

事業部ごとで人材育成しているところなら、

事業部メンバーが全員受けられると共通言語が

できて、実際の業務でも活かせると思います。

 

全社でファシリテーション研修は任意となっていますが、

必須にしたほうがいいと思っています。

CONTACT

お気軽にご相談ください

フォームからお問い合わせ